住宅リフォームのメリット

住宅リフォームは、内外の美観に磨きがかかるのと同時に、新しい機能も手に入れることができます。
より快適な暮らしを目的としたリフォームでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。


建て替えと住宅リフォームの違い

まず、マイホームの完成をどのようにイメージしていますか。
建物全体が老朽化しているなどの理由であれば、建て替えが必要です。
しかし、内外の美観に磨きをかけ、新しい機能が欲しいのであれば、断然リフォームがおすすめです。
リフォームを選ぶと、次のようなメリットがあります。


建て替えよりも費用が抑えられる

リフォームの最大のメリットは、建て替えよりも費用を抑えて進められるということです。
まず、予算を設定したうえで内容を組み立てていくことができます。
建て替えは、家を一旦取り壊してから大規模な工事が必要です。
そして、建て替えには大きい額の費用を用意する必要があります。
リフォームであれば、予算に合わせて部分的に着手することが可能ですので、費用を抑えながら進めることができます。


愛着のある家を残せる

リフォームは、建物の全てを取り壊す必要がありません。
代々続く家には、思い出がたくさんあります。
子供の身長を記した柱のキズ、家族が集まって楽しくすごしたリビング、兄弟で遊んだときにできた壁の落書きやキズなど、たくさんあるでしょう。
長年生活してきたマイホームだからこそ、残しておきたい部分を自分で選択することが可能なリフォームがおすすめです。


引っ越しが不要

建て替えで一番大変なのは、工事が完了するまでの間の仮住まいを探さなくてはいけないことです。
費用が必要になることはもちろんのこと、引っ越し作業の手間は、想像以上に大変です。
一戸建てのスペースに入っていた荷物の全てを、数ヶ月限定の仮住まいに移動させなければいけません。
リフォームなら、マイホームに住みながら工事を進めることが可能です。
また、工事の進捗状況を毎日確認することができるので、安心感があります。


60代からのリフォーム

ダイコーホームでは、地元地域の皆様のために、そのお家に合ったリフォームをご提案させていただきます。例えば、60代からのリフォームでは、1階の和室をバリアフリーの洋室に改築や、お風呂をバリアフリーのユニットバスにすることで、より快適なお家に生まれ変わります。
また、自然素材を使用して、健康を配慮したリフォームもおすすめです。床はヒノキの無垢フローリング、壁は塗り壁の珪藻土、天井は、杉板張り、建具を無垢に変更、断熱材は羊毛断熱でボードも調湿性の高いものに、張替得ます。
このように先を見て住み心地のいいお家にして、いい生活、いい暮らしを考えてみませんか。


ダイコーホームでは、自然素材や無垢材を使用した暖かさのある家づくりを提案しています。
また、小さなリフォームから増改築、大規模リフォーム(リノベーション)、水廻りリフォーム(キッチン、お風呂、洗面、トイレ)もお任せください。構造の補強など、耐震性を心配してのリフォームも承ります。ぜひ、一度ご相談下さい。
住宅リフォーム業者をお探しでしたら、ダイコーホームのプロにお任せ下さい。



ページの上へ