自然素材住宅を建てるメリット

新築住宅を購入するとなると、「最新の設備の家に住みたい」「希望通りに設計した家に住みたい」と考えるのが一般的でした。
もちろん、希望の家づくりを行うことが1番ですが、近年では家族の健康を願い、自然素材住宅に注目が集まっています。
では、自然素材の家を建てることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。


身体に優しい暮らしの実現

「シックハウス症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。主に新築住宅、もしくはリフォームを行った際に頭痛やめまい、咳、鼻水などを引き起こす症状です。
人によって症状も様々ですが、最近の住宅は気密性が高く、化学物質など汚染された空気が室内に溜まりやすいといわれています。
その結果、体内に化学物質が蓄積され、最終的にはシックハウス症候群を招くことになります。
一方、自然素材には、無垢材や珪藻土などが使われており、化学物質を一切使用していないことから、身体に優しい生活を実現できるのです。


環境に優しい暮らしの実現

自然素材の家は、夏は涼しく冬は暖かい環境で過ごすことができるため、エアコンの使用を抑えることが可能です。
消費エネルギーを減らし、省エネ効果を高めると同時に、二酸化炭素の排出量を削減することにもなるため、環境に優しい住まいを築くことができます。
また、住まいの敵といわれる結露も防ぐことができるので、健康に影響を及ぼす心配もないですし、建物自体を傷めることもありません。
さらに、天然の素材が持つぬくもりは、年月が経つごとにより温かみを増していきますので、風合いの変化を楽しむことができます。


埼玉県ふじみ野市にあるダイコーホームでは、羊毛断熱で自然素材の家づくりを行っています。
この羊毛断熱には、室内を快適な湿度に保つ効果があるため、1年中快適に過ごすことができます。
また、ダイコーホームでは、家づくりにおける資金計画の勉強会も行っておりますので、興味のある方はぜひご参加することをおすすめします。 注文住宅の購入をご検討中で、諸費用や相談などご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。



ページの上へ