内装リフォーム(床リフォーム)

床リフォーム 【内装リフォーム】

お好みのリフォーム用フローリング

リフォーム用床フローリングには、合板(複層)フローリングと無垢フローリングがあります。
リフォームスタイルにより選定するとよい。
合板フローリングは、とても綺麗な仕上りで、水、摩耗、キズに強く、価格的に使いやすい。
無垢フローリングは、調湿効果があり、乾燥している季節の時には、床に若干の隙間ができ、湿度が多い時には元に戻ります。

フローリングの特徴

  1. 合板(複層)フローリング
    複数の板を接着剤で張り合わせ、表面には薄い天然の板0.3~3mmを張り、12~15mmの合板フローリングです。
    木目があり、見栄えが良く、狂い、反りもなく価格も比較的に安いのが特徴です。温度、湿度の変化に強く、キズ、摩耗、水に強い、低ホルムアルデヒドでシックハウスの心配も少なくなっている。
  2. 無垢フローリング
    熱伝導率が低いため暖かい。
    輻射暖房の場合は、輻射熱を木のフロアに蓄え、二次輻射を行う性質がある。
    肌触りもよく、裸足で歩いても気持ちよい。年月が経つほど木の味がでてくるフローリングです。
    温度・湿度により水分(湿気)を吸ったり吐いたりし、人の健康にはとてもよく快適です。
    ただし、欠点は呼吸によって多少隙間が出来たり、元に戻ったりいたします。
    節があったり、隙間がでたりするのはいやだ、と思う人には不向きです。
    汚れ防止のため、呼吸する自然素材塗料(透明)の被膜をつけます。無垢フローリングの樹種は、桧、杉、パイン、ナラ、オーク、クリ、カバ、桜、メープル などがあります。
    詳しくは、担当まで、ご相談下さい。

フローリング施工例

写真をクリックし、拡大してご覧ください。

  • 合板(複層)フローリング
    ヒノキ節なしに合わせたホワイト系塗装がしてあるフローリングです。

  • 無垢パイン節あり15mmのフローリングで、茶色を入れた自然塗料の被膜を施してあります。

  • 無垢杉材節あり15mmのフローリング 自然素材のクリア被膜をしてあります。杉フロアは暖かい。

  • 無垢ヒノキ節あり15mmフローリング 全床ヒノキフロアで香りもよく綺麗です。吉野ヒノキ産地直送品。

ページの上へ