ダイコーのZEH(ゼッチ)ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家

                 

地震に安心【耐震・断熱・サッシ】

ダイコーホームの省エネ住宅は、地震に対して我が国 最高ランクの耐震性で、耐震等級3相当の構造体で構造計算をします。
樹種は国内産ヒノキの4寸角(120角)柱で、筋交や間柱もヒノキの乾燥材を使用。
防腐・防蟻・劣化対策にも配慮し、阪神・淡路の大震の1.5倍にも耐える材料とJIS金物でしっかり固定していますから、安心です。
地震に安心

高性能断熱材

省エネ性能をよくするためには気密をよくし、外断熱によって、魔法瓶のように家全体を包み込むようにします。
基礎 ─ 壁 ─ 屋根 をぐるりと、水・空気も通しにくい高性能断熱材(SCフォーム)50m/mを張り、高気密にし、気密テープ・バンフォームで丁寧に施工します。
この性能の表し方を「Q値」と「C値」と言います。(下記参照ください)

◆Q値(建物の熱損失係数)(w/㎡・k)
 家から熱がどのくらい逃げているかの性能値で、値が少ないほど断熱性能が良い。
◆C値(隙間相当面積(㎠/㎡)
 床面積1㎡当り隙間がどのくらいあるか、家の気密性を表す数値で、値が少ないほど気密性が高い。

Ⅳa地域(埼玉) 30坪の場合
次世代省エネルギー基準 SC・スマートハウス
桧の香る家
Q 値 2.7 w/㎡・k 1.62 w/㎡・k
C 値 5.0 ㎠/㎡以下 0.3~0.5 ㎠/㎡

■省エネ性能算定こちらからご覧ください。

SC・スマートハウス 桧の香る家  Q値とC値のエネルギー評価
ダイコーホームの「桧の香る家」の評価は、
Q値は、次世代省エネ基準の家から比べてみると約40%低く、C値は94%も低い数値です。
したがって、エネルギー削減、暖房費が約1/3ですみ、70%も節約できます。
又、HEMS(見える化)で更に10%程節約できそうです。

■省エネ性能算定こちらからご覧ください。

SC専用断熱材(ポリスチレンフォーム)と、従来の断熱材(グラスウール)との比較

SCの断熱材は次世代省エネルギー基準で、熱伝導率が高性能数値 0.028w/㎡・kの押出法ポリスチレンフォーム3種で、水や空気も通しにくい断熱材です。

従来の家
グラスウール
SC・スマートハウス
押出法ポリスチレンフォーム3種
熱伝導率
0.050 w/㎡・k
熱伝導率
0.028 w/㎡・k

高性能樹脂サッシ SCウィンド

高性能樹脂サッシである「SCウィンド」は、太陽の熱や紫外線を室内に入れるのを防ぐ効果があり、冷房した空気を外に逃がさず室内環境を快適に保つ効果があります。
高性能樹脂サッシ「SCウィンド」の断熱性はエコ先進国標準です。

住宅の熱損失は開口部分からが一番多いので、サッシを高性能にすることにより、住宅の性能が上がります。

従来の家 次世代省エネルギー住宅 SC・スマートハウス
アルミ・単板ガラス アルミ・樹脂複合窓
Low-E・12mm
SCウィンド
Low-E・16mm
アルゴンガス入り
熱貫流率
6.51 w/㎡・k
熱貫流率
2.33 w/㎡・k
熱貫流率
1.5以下 w/㎡・k

高性能樹脂サッシ SCウィンド と アルミサッシの比較

※高性能樹脂サッシは、アルゴンガス入りLow-E 複層ガラスの場合。

熱伝導率

熱損失
CO2排出量
樹脂は、アルミに比べると熱伝導率1000分の1に抑えられる。 樹脂はアルミに比べると、熱損失が3分の1に抑えられる。(単体ガラス) 樹脂はアルミに比べると冷暖房によるCO2排出量40%もカットします。(単体ガラス)

SCウィンドは節電に貢献

●(その1)
日差しをカット、室内の快適温度をキープできる樹脂サッシ(SCウィンド)が、エアコンに頼り過ぎなくても無理せず生活できる環境づくりに貢献します。

エアコンに頼り過ぎなくても無理せず生活できる

高気密・高断熱の家+高性能樹脂サッシ(SCウィンド)で、節電効果とC02削減で、一次エネルギー消費量を減らし、地球温暖化防止対策になります。
●(その2)
夏の暑い時でも、高い節電効果のある高性能サッシ(SCウィンド)

Ⅳ地区 埼玉
次世代省エネ基準
アルミ複層ガラスサッシ
SCウィンド
樹脂サッシ遮熱Low-E
消費電力
1,303 kwh/年
消費電力
1,011 kwh/年
●(その3)
省エネや住みごこちにお手伝いするSCウィンド

高性能樹脂サッシSCウィンド高性能樹脂サッシSCウィンド :
Low-E 16mmアルゴンガス入り複層ガラス

熱照射60%カット
紫外線86%カット

電気を節約し、
省エネ効果があり、
快適な住みごこちです。

●SCウィンドは家族の健康を守る
  • SCウィンドは樹脂サッシなので、アルミサッシと比べて、非常に結露しにくいサッシです。
    その理由は、樹脂はアルミの1000分の1の熱伝導率だからです。
  • 結露しにくいサッシは、カビやダニが発生しづらく健康的。
  • カビ・ダニは、カビアレルギー・喘息・アトピー・気管支炎・夏型過敏症肺炎・ハウスダスト等の呼吸器系の病気になりやすいです。SCウィンドならば、安心です。
  • 結露が極めて出にくいSCウィンドは、建物の構造体にも良い影響効果をもたらし、家を長持ちさせます。
    これからの家は、孫の代までの家造りなので樹脂サッシは必須事項です。

結露しにくいホコリがカビが出にくい



ページの上へ