ダイコーのZEH(ゼッチ)ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家

                 

埼玉県産の優良木材 『西川材』 杉・桧

「西川材」は埼玉県産の優良木材として、首都圏を中心に使用されています。西川林業は、長い伝統と林業者の強い愛林思想に支えられた、丁寧な育林作業によって、優良な材が生産されています。 古くは江戸の大火のときの復興用材として、さらに関東大震災の際には木材の需要が殺到し、西川林業地が認知される様になりました。 江戸時代からの伝統を引き継いで、首都圏から最も身近な産地として、木材の提供とともに、その生活や環境を良くするサイクルを創る、それが西川材の役目です。

名前の由来

西川材(杉・桧)埼玉県の南西部、荒川支流の入間川・高麗川・越辺川の流域を西川林業地と呼んでいます。
江戸時代、この地方から木材を筏により江戸へ流送していたので、「江戸の西の方の川から来る材」という意味から、この地方の材が「西川材」と呼ばれるようになりました。

産地は何処?

西川林業地は、飯能市・日高市・毛呂山町・越生町にまたがり、森林面積は20,457ヘクタール、西は標高400~1,200mの山に囲まれ、東は武蔵野の平野に接しています。

なぜ良材が出来る

地域の大部分は秩父古生層からなる褐色森林土で、平均気温12~14℃、平均降水量1,700~2,000mm、降雪は年3~4回と比較的温暖であり、地質、気候ともにスギ・ヒノキの育成に適しています。
西川材(杉・桧)は優良材です

強度も高い優良材

西川材(杉・桧)は強度も高い杉のヤング係数で比較してみると、 全国平均:E 70、西川材は E 80~E90 と強度の高さも証明済みです。
※ヤング係数とは材料の変形しにくさのことです。
この数値が大きいほどたわみにくい材という事になります。

西川林業の特徴「立て木」

西川林業の特徴として「立て木」があります。 主伐時に1ヘクタールあたり10から15本程度残し、100~200年の長期に保存するもので、所有者の特別な出資に備える物でありました。
その為に、ある程度の量の大径木が残ることになりました。

製品の流れが見え、お客様に安心して利用していただける品質の製品づくりも、西川材ブランドの特徴です。

西川林業の特徴「立て木」

西川材を使う理由

あなたの身近にある山や森が、きれいな水や空気を作っていることを 忘れていませんか?
あなたの身近にある山や森が、きれいな水や空気を作っている


ページの上へ