私たちの家づくり

ダイコーホームの家づくりは、ZEH(ゼッチ)です。
私たちが生まれ育つ地球の環境を、これ以上破壊しないように、世界全体が地球温暖化防止で、低炭素社会を作るために動いています。
   
日本社会もCO2削減を、早く実行するため、家造りでは、急ピッチでZEH(ゼッチ)ネット ゼロエネルギー ハウスを進めております。
 
自分の家で使うエネルギーは自分で創る時代です。(自給自足)

冬の寒さは、暖房器に頼らず、高気密、高断熱で、少ないエネルギーの家にし、地熱の利用でエネルギーを補助し、夏の暑さは冷房で涼しくするのではなく、自然エネルギー つまり、夏の外気温度が30℃以上の時、床下の26℃の冷たい空気を、壁の中を通す事により外気温32℃まで冷房を使わず、爽やかさを作り出す家にします。

この構造の家が、ソーラーサーキットの家、つまり外断熱・二重通気工法(ZEH)なのです。
また、自然素材を活用することで、更に少エネルギーと室内が森林の中の美味しい空気、シックハウス症候群やアトピー、などの健康を守る家になります。

更にZEHでは、家の大敵、冬場の室内結露や壁内結露が耐久性を無くしカビやダニの発生の原因にもなり、喘息や病気の原因にもなるので、これらの事を解決するため高効率の樹脂サッシを使用し、家の健康と人間の健康を守っております。

このような家が、少エネ化と家の健康を向上させ、これからは、自然エネルギーの太陽光発電システムの創エネや高効率給湯器や高効率エアコン、高効率照明器具で省エネルギー化を計り、年間を通して、ゼロエネルギーの家になることがZEH(ゼッチ)なのです。
すなわち、ネット ゼロエネルギー ハウスの家造りなのです。これからは、
ZEHが普通の家造りとなって行きます。

ダイコーホームの家は、「少エネ+省エネ+創エネ」を組み合わせた
「自然素材のソーラーサーキット ネット ゼロエネルギー ハウス」です。

無垢と珪藻土・自然素材の「ZEH」は、「ソーラーサーキットの家」永年経験のダイコーホームにお任せ下さい。


私たちの家づくりは、家族の健康に配慮した、自然素材の冬暖かく、
夏涼しい家です。
工法には次の3つの工法があります。
1)ウール断熱
  • ①ウール断熱+自然素材の家
  • ②屋根ダブル断熱+ウール断熱+自然素材の家
  • ③屋根ダブル断熱+ウール断熱+ウール防音断熱+自然素材の家
2)外断熱
  • ①外断熱+自然素材の家
  • ②外断熱+ウール防音断熱+自然素材の家
  • ③屋根ダブル断熱+外断熱+ウール防音断熱+自然素材の家
3)外断熱・二重通気工法(ソーラーサーキットの家)
  • ①ベーシックシステム+自然素材の家
  • ②ベーシックシステム+ウール防音断熱+自然素材の家
  • ③SCナビシステム+ウール防音断熱+自然素材の家
  • ④Refrair[リフレア]+ウール防音断熱+自然素材の家
  • ⑤屋根ダブル断熱+Refrair[リフレア]+ウール防音断熱+自然素材の家
   
私たちは、住む方の健康と、家自体の健康を、真剣に考えています。
   
住む人の健康と、家の健康を、守るための自然素材や天然素材を使う家づくりが、最も大切と考えています。

構造材は、国産無垢乾燥材、そのほかに、耐力面材、仕上げ下地ボード、ウール断熱材、そして内装材まで全部自然素材や天然素材を使用しています。

特に、ウール断熱は、呼吸する調湿素材なので、室内や壁内の結露がなく、構造材の劣化がないので、家が長持ちします。

また、子供や家族の健康は調湿性があり、結露のない家に住む事が、健康に暮らす秘訣と考えています。
   




国産無垢ヒノキの構造で自然素材の家(A)とハウスメ-カ-の集成材と合板の構造で新建材合板フロ-リングでビニ-ルクロスの家(B)とどちらが長持ちで住み心地がいい家だと思いますか。

言い換えれば(A)は「昔の家」(B)は「今の家」です。(B)は約26年~30年位で(A)はリフォ-ムしながら住めば3倍以上は長持ちします。

どちらが、「お得で良い家造りなのか」良く考えましょう。


私たちは、なぜ「良い家を安く造れる」のでしょうか?

それは、
 お客様にお見せする立派な展示場は持たないこと。
 かっこいい高給取りの営業マンも置かないこと。
 そして豪華な「カタログ」を持たないこと。
 テレビCMをしないこと。
 小規模経営で経費を最小限で押えていること。

私たちは、当社でお建て頂いたお客様のご厚意により、工事中のお家や、お引き渡し前のお住まいを、お借りし見学させて頂いております。またOB様にお願いしてお見せ頂くと共に、お住まいのお話などを、お聞かせ頂くことも可能です。


このように経費を掛けづに、実際の建物を見て頂いております。その分コストを抑える事が出来るのです。


■後悔する事はやめましょう。

誰でも思っていることは、一生懸命働いたお金です、無駄遣いはしたくありません。
みなさん、そう思ってます。

大切なお金です。無駄に使うのは、もうやめて下さい。

かっこいい住宅展示場に見に行き、かっこいい高給取りの営業マンの話に乗り、「参考に見積もりしてみましょう」と言われ、なんとなく返事をしてしまった。

そうするとプランから見積もりまで、おまけに家のかっこいい写真のようなパ-スまで持ってきて、後に引けなくなって契約してしまったのです。

これが「失敗する家づくり」の始まりです。
その原因は、そろそろ手狭にもなって来たので、ちょうど、住宅展示場にイベントがあるから行ってみるか、と行ったのが失敗です。

家族でしっかりした、家づくりの話し合いや計画もせず、行動をとるのではなく、子供の習い事、進学費用、親戚付き合い、そして、たまには家族で外食や、一年に一度の旅行なども計画に入れ、家族の未来なども考慮し、これらの全てが大切です。

家づくり計画で、一番大切な事、それは「現実的で、無理のない資金計画をすること」です。
「毎月いくらだったら、無理なく、支払えるか」出来るだけ、ボ-ナス払いはない方がいいかな、と思ったりします。

家づくりは、家族を幸せにするためのものです。笑顔いっぱいの家族団欒の家に致しましょう。
家づくりで、失敗しないで下さい。成功しましょう。

ダイコ-ホ-ム 阿部


ページの上へ